コラム

みどり動物病院 コラム

エリザベスウェア(術後服)

皆様のワンちゃん、ネコちゃんの避妊手術はお済みでしょうか。避妊手術を早期に行うことで乳腺腫瘍の発生リスクを下げることが報告されています。

 

・ ワンちゃんの乳腺腫瘍の発生率は、初回発情前に避妊手術を行った場合は0.5%であり、初回発情後では8.0%、2回目の発情後では26%、3回目以降では効果が得られないと言われています。

 

・ ネコちゃんでは生後半年以内に手術を行うことで乳腺腫瘍の発生率をかなり下げることが出来ると言われています。

 

 上記のような月齢を過ぎてしまったワンちゃん、ネコちゃんでも避妊手術を行うメリットがあります。例えば子宮蓄膿症の予防です。特にワンちゃんは発情後、子宮内の細菌感染を容易にさせるホルモンが約2ヶ月間分泌され続けるため子宮蓄膿症になるリスクが高くなってしまいます。これらの理由から避妊手術をお勧めさせて頂くことが多いです。

 

 避妊手術は開腹手術となるため、お腹に傷が出来てしまいます。その傷を舐めないように予防するのがエリザベスカラーです。エリザベスカラーは傷口を舐めないようにするためには優れた形状をしていますが、移動の邪魔になる、ご飯が食べづらくなるなどのデメリットも抱えています。

 

 そこで今回お勧めさせていただくのがエリザベスウェア(術後服)というものです。簡単に言ってしまえば洋服を着せて傷口をカバーしてしまうのです。これにより、術後のエリザベスカラーによるデメリット(移動しずらい、ご飯が食べずらい)をなくすことが出来ます。また、見た目も可愛らしいです。もちろん、避妊手術以外の開腹手術による傷口もカバーすることが出来るためその他の手術の時でも使用することが出来ます。エリザベスカラーよりも少々値段は高いですが、手術後利用されてみてはいかがでしょうか?   


 

< エリザベスカラー >

 

<エリザベスウェア>

 

 

獣医師 杉山()

2019.04.01
コラム