動物たちの病気 症例集診療内容の一部紹介

動物たちの病気 症例集

前十字靭帯断裂

前十字靱帯とは、膝関節を構成する靭帯の一つで、大腿骨と脛骨をつないでいます。

 

 

前十字靭帯が断裂すると膝関節は安定性を失い、痛みを伴う後ろ足の跛行(引きずること)や挙上(地面に着地出来なくなること)が認められるようになります。

 

前十字靭帯断裂には部分断裂と完全断裂があり、半月板の損傷を併発している場合もあります。

また、前十字靭帯が断裂すると、膝の関節炎も進行していってしまいます。

 


前十字靭帯断裂の原因は、急性断裂と慢性断裂に分類されます。

 

フリスビーやボール投げ運動などをしている時に前十字靭帯断裂を起こした場合は、外傷に伴う急性断裂に分類されますが、この様な純粋な外傷に起因する前十字靭帯断裂は犬ではあまり多くありません。

 

前十字靭帯に加齢・遺伝学的要因・免疫学的要因などにより、慢性的な変性と脆弱化が生じ、断裂に至ってしまう場合は、慢性断裂に分類されます。

つまり、長い時間をかけて小さなダメージが蓄積し、徐々に前十字靱帯が脆くなった結果、断裂に至ってしまうということで、犬ではこの慢性断裂が多く報告されています。

 


診断は歩行検査・触診・整形外科的検査・レントゲン検査・超音波検査・関節液検査などを組み合わせて行います。

 

 

治療は症状の重症度・犬種・体重・年齢・性格などを判断材料にして、

その動物に最適な治療方法を提案し、飼い主様と一緒に考え、選択していきます。

 

内科的治療>

消炎鎮痛剤などの使用、運動制限などにより管理していきます。

 

外科的治療>

前十字靭帯断裂の整復手術には様々な手術方法が存在します。

 

Lateral suture法:人工支帯(靭帯)で膝関節の安定化を図る方法。

 

Angell Sling法:大腿二頭筋と後部縫工筋を利用して膝関節の機能を再建する方法。

 

TPLO法:  脛骨高平部の傾斜を水平になるように矯正する手術。

     TPLO法は前十字靭帯の完全断裂もしくは部分断裂の治療法として有効。

     従来の手術法よりも術後の早期回復が期待出来ます。

 

当院では、関節外修復法であるLateral suture法とAngell Sling法を組み合わせた手術方法もしくはTPLO法を推奨しています。

 

断裂した前十字靭帯      ラブラドール・レトリバー

 

 

2018.01.21